オオワシと翔子

不妊の根本的な原因は、受精卵が着床しにくくなる子宮着床障害や、排卵がスムーズでないといった女性由来の場合と、精子が微量かほとんどない無精子症や性機能障害など男性側に原因があることとが考えられるでしょう。

ただ、原因を一つに絞る考えは現実的ではありません。

きちんと不妊に対策を講じようと思ったら、男性、女性、両方が早めに検査を受けると確実ですし、時間を無駄にすることもありません。

今現在、妊娠を考えている、あるいは計画しているといった方や、妊娠初期の女性は食事で摂取できる葉酸の値を意識してみてください。

通常の食事での摂取とは別に、充分な量の葉酸を摂取するように厚生労働省によって勧告されています。

葉酸は様々な食材に含まれている栄養素ですが、理想的に摂取することによって、胎児の先天的な障害(神経管閉鎖障害など)の発症リスクを減らしてくれる為です。

最近は葉酸のサプリメントも多くの種類が出ていますね。

そうしたサプリを利用する方は、胎児の安全性を考慮した上で、無添加で天然素材の葉酸サプリメントを選択する事をポイントです。

ビタミンの一種である葉酸は、妊婦が摂取することでお腹の中の赤ちゃんの先天的な神経管障害が発症しにくくなることが判明しました。

そのために、普段より多くの葉酸を意識的に摂取することを厚生省が勧告しているのです。

例えば葉酸サプリや補助食品として販売されているものの中には、特定保健用食品の認定を受けているものもあり、妊婦が利用しているケースも多いです。

友達と会う機会があったので、妊娠についての話をしていたのですが、葉酸のサプリの話題が上ったのですが、ベルタが販売している葉酸サプリが良いんじゃないかと考えているようでした。

友達はいつから飲むものなのか迷っていたのですが、私が葉酸は妊娠前からちゃんと摂った方が良いとテレビで見たことがありましたから、妊活中の彼女に勧めておきました。

友達には悲しんで欲しくないですし、元気な赤ちゃんが生まれるといいなと応援しています。

妊娠を希望している方や、計画されている方に向けて、厚生労働省が、積極的な葉酸の摂取を求めています。

受胎時からおなかの中の赤ちゃんは細胞分裂を始めますが、葉酸にはこの細胞分裂を正常に促す作用があると言われています。

そのため、葉酸が欠乏してしまうと、神経管閉鎖障害など、重大な障害を引き起こす可能性が高まるといった研究結果が出ているのです。

細胞分裂は、一般的に妊娠に気付きにくい受胎時から既に始まっています。

この時の細胞分裂が正常になされるようにするためにも、妊活の段階から妊娠初期の、葉酸が不足しやすい時期には、食事で摂取する分の葉酸以外に、1日400μg(0.4mg)を目標に、葉酸の摂取を心がけてください。

サプリや栄養補助食品による補給も、厚生労働省が推奨しています。

妊娠初期に多く代謝される葉酸は、細胞分裂をサポートし、血液を造る力を強めるという働きがあります。

それは不妊治療にも効果を表し、受精卵が着床しやすいようサポートしてくれ、それだけで妊娠確率が上がるのです。

タイミング療法と合わせれば更に効果も出やすいでしょう。

そのうえ造血作用で新鮮な血液が増産されると新しい血液が体内サイクルを整え、生殖機能が正常化して活発になり、不妊状態を改善するのにとても有効なのです。

友人は彼女が妊活をしている時によく漢方を飲んでいたと思います。

彼女が言うには冷え性や虚弱体質といった体質を改善し、妊娠しやすい体にするために漢方を飲んでいたそうです。

妊娠中は薬が飲めないと聞いていましたが、漢方なら飲むことに抵抗がありませんね。

漢方の効果かはよく分かりませんが、彼女は赤ちゃんを妊娠できたので、本当に良かったと、お祝いしたい気持ちでいっぱいです。

妊婦の方の中でも、葉酸を普段の食生活で賄うために、葉酸が豊富なホウレンソウや貝類、あるいはレバーなどの食材を、普段の食生活に取り入れるようになったという女性も少なくないですよね。

しかし、葉酸は熱によって溶け出す性質があるのです。

ですから熱を加えてしまいますとどれだけ大量の葉酸を含んだ食品でも、調理した後は葉酸は避けられません。

一日の葉酸の摂取量を、食材から計算したとしても、十分に摂取できていないかもしれませんから、注意してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です